効果と取り入れ方|アンチエイジング効果を期待できる美容液はランキングで要チェック

効果と取り入れ方

美容液

美白を目指した時に効果的な成分として人気なのがビタミンc誘導体です。ビタミンCは抗酸化作用が高く、美白などの効果に優れている成分として知られていますが、ビタミンC自体は熱などに弱く壊れやすい不安定な成分です。化粧品に配合してもあまり効果を発揮することがないとされてきましたが、誘導体として安定化させることで美白などの効果を得ることができるようになっています。ビタミンc誘導体を利用することによって、抗酸化作用だけではなく、新陳代謝を促したり、メラニンを還元してシミを予防する、皮脂分泌をコントロールするなどの効果を得ることができることからビタミンc誘導体配合の化粧品は人気なのです。また、分子が小さくなっているものも販売されており、分子が小さいことで肌に浸透しやすくなることでより高い効果を期待できます。

ビタミンc誘導体は美肌を目指すにはとても有効な成分です。しかし、ビタミンC自体はもともと酸性で強い刺激のある成分のため、敏感肌など肌が弱っている状態である場合避けたほうが無難といえます。肌が弱っている時につけ続けしまうと、炎症が起こってしまい、その炎症が色素沈着を起こしてしまうことも考えられるため注意が必要です。また、乾燥肌の人がつけることで皮脂分泌を減らすことで、より肌が乾燥してしまい肌トラブルにつながってしまう可能性もあります。ビタミンc誘導体は効果的な成分ですが、肌の状態によっては肌トラブルの原因になってしまうことも考えられるため、肌のコンディションに注意しながら使用することをおすすめします。